グローバルナビ

スモリの家モデルハウス    時間/10:00〜17:30    定休日 / 水・木曜日

すごいぞ、スモリ。「スモリの家」の3つのヒミツ!

スモリの家は規格住宅。
充実したプランの中から理想の家を調べるとともに、安心・安全に長く住み続けてもらうために、
日本の住宅性能を革命的に進化せたヒミツがたくさん詰まっています。

スモリの家がもっとも重要視していること、それは住宅「耐久性」。家が頑丈で長持ちしなければ、いくら美しくても、いくら快適でも、心から安心して暮らすことはできません。スモリの家は、家の耐久性を高める特許工法や独自の材料をはじめ、細部まで徹底した頑丈な家づくりを実践しています。後世まで長く住み継がれる「頑丈」な家を実現するスモリの家だけのヒミツがあります。

 銀我パネル
S・M・Rクラス標準仕様

  • 厚さ20cmもある木材を7mmまで圧縮しアルミフィルムでくるんだ銀我パネル。柱と柱をこの銀我パネルで埋めることで、筋交いを使用する在来工法の約5倍の強度を誇ります。

  • 一般的な合板は手で力を加えるだけで曲がってしまいますが、銀我パネルはびくともしません。

  • 銀我パネル自体が防湿層の役目果たし、結露を防ぎ家の耐久性を高めます。

 スモリ工法
S・M・Rクラス標準仕様

  • スモリ独自の真壁構造で耐震性・耐久性にすぐれた構造体を実現します。阪神大震災と同じ程度の揺れの実験を2回与えても建物への影響はほとんどありませんでした。

  • 真壁外断熱工法(スモリ工法)により木材が常に空気に触れることができ、構造体の耐久性を高めます。

  • 「真壁工法」は古くから神社やお寺に使われている高い耐久性を持つ工法で、スモリの家は銀我パネルによってこれを更に発達させています。

 面状耐力構造
S・M・Rクラス標準仕様

  • 柱と柱の間に挟み込む銀我パネルが粘り強く家を支える耐力耐震壁となり、筋交いを必要としない面で支える構造となります。

  • 天井部分にも銀我パネルを用いることで、水平部分は一般工法の約16倍の強度。上ブタもしっかり閉めた6面体構造で、屋根の重さも受け止めます。

  • 強靭な面状耐力壁を支える構造材の接合にはジョイント金物を採用。木の欠損を最小限に抑え、木本来の強さを発揮します。

 軟骨構造
S・M・Rクラス標準仕様

  • 柱と銀我パネルの接合部分にはクルマのフロントガラスにも使われるEPDM製のゴムパッキンを入れ、「軟骨」のように衝撃を分散・吸収します。

  • 柱の溝にピシャリとはまるEPDM製ゴムパッキン。耐老化性・耐候性に優れています。

  • 軟骨構造によって地震の際弱い部分に力が集中する「しわ寄せ現象」を防ぎます。

 集成材
S・M・Rクラス標準仕様

  • 木の良さをそのままに、安定した品質を確保した集成材。日本の家づくりに欠かせない断熱・調湿に威力を発揮します。

  • 木の乾燥が不十分だと強度低下、反り、割れが生じます。乾燥装置も用いることで含水率を15%以下にまで落とし強度アップを図っています。

  • 木材内部まで防腐防蟻の薬剤を深く浸透させる乾式加圧注入処理により、表面にだけ処理をした場合に比べ長期間の耐久性が期待できます。

 釘
S・M・Rクラス標準仕様

  • 家を建てる時いたるところに使われる釘は特注のビス釘を使用しています。

  • 打つ時には釘の同様素早く打ち込め、ビスのようにがっちり止まります。将来移転・増改築などの際にはビスの様に抜けるため建物へのダメージを最小限に抑えます。

 基礎・土台
S・M・Rクラス標準仕様

  • 建物の荷重を面で受け、安定性に優れたベタ基礎を採用。床下からも安全安心を実現します。

  • 基礎断熱により床下の基礎部分が熱を蓄え、冬でも床が冷たくならず、まるで床暖房のような温かさです。

  • 最大でも1mの正方形で構成する土台構造と24mm厚の構造用合板により、ピアノなどを設置する際も補強の必要のない強い土台を実現しました。

睡眠時はもちろん、生活において長い時間を過ごす我が家。スモリの家は、長い時間を過ごす家の中の環境にとことんこだわりました。常に新鮮な空気の循環、ダニ・カビの発生を抑えるための湿気対策、外気の影響を抑える断熱、人を直接包み込む内壁材。どこにいても心地よく安心できる空間で、家族を想う優しい気持ちをスモリの家は形にします。

 快適を実現するポイント
S・M・Rクラス標準仕様

  • 人が生きるために必要なもの、空気。長い時間を過ごす室内の空気を新鮮に保ち、人も家も健康を保つために空気の換気が重要となります。

  • 家の寿命を縮めるだけでなくカビ・ダニの発生によるアレルギーの原因にもつながる結露を抑える独自の気密構造と断熱工法をスモリの家では採用しています。

  • 急に寒い部屋に移動することなどで発生するヒートショック。交通事故より多いと言われるヒートショック対策には、断熱・保温性能の高い住宅であることが有効です。

 ダブル換気システム
S・M・Rクラス標準仕様

  • スモリの家は、部屋の中と壁の中両方の「ダブル換気」を行います。室内は24時間熱交換換気システムとプラズマクラスターによって、いつでも快適な空気に包まれています。

  • 室内の空気を床下付近の吸気口から壁の中を伝って外に排出。この壁の中の空気が断熱層の役割を果たし、断熱性能をさらにアップさせています。

 スモリ工法
S・M・Rクラス標準仕様

  • 断熱材は隙間なく施行しないと性能を充分に発揮できません。スモリの家は、銀我パネルの外側から精密にカットされた断熱材をはめ込むだけで隙間なく断熱施行が行えます。

  • 真壁外断熱工法(スモリ工法)は外壁側と内壁側にそれぞれ空気層があり、その間を断熱材と銀我パネルが遮断することで、高い断熱性能を発揮しています。

 断熱材
S・M・Rクラス標準仕様

  • スモリの家は、結露を発生しにくさを重視し発泡系の断熱材「スタイロエース」を採用。水を吸収しない発泡系の断熱材なら壁内結露の心配がぐっと減ります。

  • 基礎断熱により床下の基礎部分が熱を蓄え、冬でも床が冷たくならず、まるで床暖房のような温かさです。

  • スモリの家の断熱材は、南極観測基地にも使われる優れもの。それを隙間なく施行します。

 高断熱樹脂サッシ
Sクラス標準仕様

  • フレームが断熱・遮熱・気密性にすぐれた樹脂製、ガラスの間にアルゴンガスを封入したトリプルガラスを使用する高断熱樹脂サッシで、結露の抑制や保温に高い効果を発揮します。

  • 樹脂サッシはアルミサッシに比べて熱伝導率が約1000分の1、トリプルガラスは単板ガラスの約3.5倍の断熱性を誇ります。

  • トリプルガラスと気密性により優れた遮音性も実現。騒音の少ない家の中はいつも快適です。

 ぬり壁
Sクラス標準仕様

  • スモリの家の壁は職人さんが手作業で仕上げたぬり壁です。壁自体が呼吸することで“調湿”と“匂いや有害物質の吸着”を行うことに加え、下地素材にもこだわりホルムアルデヒドなどシックハウス症候群などを防ぎます。

  • ぬり壁の素材「シルキーパレット」の優れた調湿性能は、一般的な珪藻土建材の約2倍の吸放質量。半永久的に機能を発揮し結露とそれによるカビ・ダニの発生を抑制します。

  • 家で過ごす時間の長い幼少期のお子様には住宅内の空気環境に配慮が必要です。

 小さなお子様にも優しい工夫
Sクラス標準仕様

  • 衝撃を吸収するようなやわらかな感触の床材。底面にはゴムが貼り付けられており、転んでもぶつかっても痛くない、ケガをしにくい床です。

  • 丸みを帯びた建具(ドア)は、指づめなどのケガを軽減します。また、ドアの内部には断熱材が入っているため、冷暖房の効きも良くなります。

長く安心した生活を送るためには、お金のことも大切です。スモリの家は時間の経過による家の傷みを抑えることでお手入れの費用を抑えたり、優れた気密・断熱性能によりエネルギー消費を抑え高熱費の節約できるなど、長く住めば住むほど経済的な工夫とヒミツが詰まっています。

 レンガタイル
Sクラス標準仕様

  • 熟練の職人さんは一枚一枚貼付るレンガタイルの外壁。お手入れ不要で補修費用が抑えられ経済的です。

  • 「ナノ親水」の防汚性能基準をクリアする外装壁タイルは、汚れにくく雨で汚れが落ちやすい外壁材です。

  • 年月を経ても色あせせず味わいを増すレンガタイル。一般の塗装では避けることのできない表面劣化による定期的なメンテナンスが必要ないことが魅力です。

 陶器瓦
S・Mクラス標準仕様

  • スモリの家の屋根材は石州瓦を使用。耐火性・耐水性・耐寒性・遮音性に優れ、そして長寿命なため、補修費用を大幅に抑えられるもの魅力です。

  • 一枚一枚の瓦を、1つの瓦につき計3本のビス釘で止めます。一般的な瓦より多い本数で止めるため、耐久性が高まります。

 ぬり壁
Sクラス標準仕様

  • 塗り壁は、一般的な壁紙クロスの壁に比べ、部分的な補修が可能なため、メンテナンス性が高いことが特長です。

 スモリ工法
S・M・Rクラス標準仕様

  • 高性能断熱材により、外側からしっかりガード。基礎部分にも断熱を施すため外気の影響を受けにくく、高熱費の節約につながります。

  • 柱と銀我パネルの接合部分にはクルマのフロントガラスにも使われるEPDM製のゴムパッキンを入れ、隙間をきっちりと塞ぎ気密性を高めています。

  • 真壁外断熱工法(スモリ工法)は外壁側と内壁側にそれぞれ空気層と、その間を断熱材と銀我パネルが遮断することで、高い断熱性能を発揮しています。

 断熱材
S・M・Rクラス標準仕様

  • スモリの家の断熱材は、南極観測基地にも使われる優れもの。温度を一定に保つことで、冷暖房のエネルギー消費を抑える効果があります。